RANDONNEUR PLUS PROJECT

阪神・淡路大震災 伝承施設(淡路島)探訪ライド&オンライン生中継

令和元年、13年ぶりに新しい地図記号「自然災害伝承碑」が制定されました。これは西日本豪雨災害で甚大な被害を受けた地域に、過去に起きた大水害の被災状況を伝える石碑が建立されていたものの、地域住民にその伝承内容が十分に伝えられていなかったことをうけ、「先人たちが現代に伝える災害の教訓を正しく知る」ことが、災害への「備え」を充実させ、災害による被害の軽減に貢献するという考えに基づいたものだそうです。
(国土地理院 「地図で確認 先人が伝える災害の教訓」より引用)
先人たちの教訓を知り、災害を伝承するという事は、深く歴史に思いを寄せるだけではなく、今後自分の身に起きるかもしれない自然災害に対する備えの一助になるのではないでしょうか?
国土地理院の取り組み以外にも、昨年探訪ライドを行った東日本大震災の「3.11伝承ロード」などをはじめ、各地域、各自然災害ごとにまとめられたアーカイブは、公的なものから個人ブログなどで幅広くまとめられています。
これら、自然災害の伝承施設は広範囲にわたり一般の交通機関ではアクセスしにくい場所などにも多く設置されている中、その探訪には機動力の高い自転車が有効な手段であることは間違いありません。
RPP設立時、自転車活動が何か防災などの社会貢献につながる事ができないか?というテーマを含め始めました。
この探訪ライドがどこまで意義をみいだせるのか?悩みつつも、今回、27年前に起こった阪神・淡路大震災の災害伝承施設について距離的に分散されている淡路島のエリアを、その実態を確認すべくライドを行います。
また、このライドでは、現地の様子を共有いただけるよう、ライダーはオンボードカメラを持参し、Zoomにてアクセスいただけるよう設置します。
ライダーは現地の様子を報告しつつ、これに対してのコメントやご意見を受けつつ実施したいと思いますので、ぜひご参加ください。
●探訪ルート&ライブトラッキング
http://event.gpslive.jp/v10/index.html?id=117map
※画面右上の地球儀マークをクリックすると表示されるライダーにチェックするとトラッキング情報を閲覧できます。
【協力】Cloud GPS(リアルタイムシステムズ)
●スタート地点
淡路ハイウェイオアシス
●スタート時間(Zoom配信開始時間)
2022年9月4日(日)9:00頃~
●ZoomURL
https://us02web.zoom.us/j/82456422779?pwd=R1NOVW8wNVBPU2tkQXV6cW51MDY2UT09

ミーティングID: 824 5642 2779
パスコード: 356811

自転車のオンボード映像を見たい方、現在の淡路島の伝承施設を閲覧してみたい方、走っている人と会話したい方、などなどお気軽にご参加ください。
※映像は後日の報告のため記録致します。
ライド後、簡単な探訪のまとめを後日こちらで紹介いたします。
森脇 裕